ローン返済ができない時は

女の人

放置してはいけない

一戸建てを購入した時は、住宅ローンの返済計画通りできるということで契約します。ですが、今の時代いつ何が起こるのかわかりません。人によっては、購入した当時から打って変わって仕事の収入が減ってしまったということもあります。こういった状況になると、住宅ローンを返済できない状況になってしまい、返済を滞ってしまうこともあるでしょう。そうなると、金融機関から家を競売にかけられてしまいます。これは、住宅ローンの契約を締結した際に承諾していることなので避けられません。しかし、競売になる前に任意売却の手続きを行なえば突然家が無くなるということは避けられます。その理由は、競売は住宅ローンを契約した金融機関が強制的に行なうのですが、任意売却は不動産会社に相談して希望価格で販売することができます。任意売却であれば、売却が完了したらそのお金で住宅ローンを返済することが可能になります。それに、ローンの返済額を上回る金額で売れた場合は手元にお金が戻ってきます。上回らなかったとしても、返済の負担が大きく減りますので任意売却はメリットが多いのです。今こういったことで困っているというのなら、一度専門の不動産会社に相談しましょう。無料で相談を受けてくれますし、的確なアドバイスや任意売却後の流れなども詳しく説明してもらえます。それに、相談することで、今まで悩んできた問題を解決することができますから、気持ち的にも楽になるでしょう。

Copyright © 2017 設計事務所に依頼するメリット|デザイン性に富んだ家造り All Rights Reserved.